福岡県公立高等学校の入学者選抜制度の概要

ちくちくねっと

コピー

福岡県公立高等学校の入学者選抜制度の概要

一般入試

福岡県の公立高校入学者選抜は、中学校の第3学年の9教科による評定と学力検査(入学試験)の点数から入学者選抜の得点が算出されます。受験生は、このことを十分理解した上で学習することが大切です。

◆合格者の決定方法

福岡県公立高等学校の入学者選抜制度の概要

推薦入試

推薦入試は、すべての県立高校のすべての学科・コースで実施されています。
推薦入試に志願できるのは、いくつかの条件を満たし、中学校長の推薦を受けた人です。「条件」とは、明確な志願理由をもっている、適正や興味・関心がある、合格したら入学する意思が確実である…などです。
学科試験がないので一見魅力的な試験に思えますが、その学校に行きたいという明確な理由や、入学してからの目標がることが前提となります。面接や作文の内容でその点について深く問われるので、安易に「学科試験がないから」という理由で推薦枠に志願してはいけません。また、志願するにあたっては、中学校の中で選考会議があるところもあります。推薦入試を受けたい人は、早めに担任の先生にその意思を伝えましょう。
また、各高校の推薦要件などを示した「推薦入試実施要項」が、11月から12月にかけて各中学校に配布されますので、中学校の先生に確認しましょう。

◆選考方法

●面接・作文・実技試験などの結果と、中学校から提出される調査書や志願理由書などの書類とを総合して選考されます。

◆試験内容
  • ●面接 … 志願者全員に実施されます。
  • ●作文 … 一部の学科やコースで実施されます。
  • ●実技 … 一部の学科やコースで実施されます。

調査書

調査書には、日程の学習に対する努力や態度、進路に対する意識、興味・関心などに基づいて、中学校3年間のさまざまな記録が記入されます

特定教科の加重評価

学力調査および調査書の評価において、学科やコースの特色に応じて特定の教科を加重(1.5倍)して選考の資料とする場合があります。

◆学力調査における加重評価
英語の得点を1.5倍 英語コース(小倉南・太宰府)、国際文化コース(玄界)、英語化(北筑・香住丘・久留米・嘉穂東)、総合ビジネス科・ビジネス情報科(若松商業)、国際教養科(福岡女子)、総合ビジネス科・ビジネス情報科(折尾)
数学の得点を1.5倍 電気系・電子機械系・工業化学科・機械科・情報技術科(香椎工業)、建築科、環境デザイン科・土木科・電気科・材料技術科・機械科(浮羽工業)
理科の得点を1.5倍 環境科学コース(柏陵)
数学・理科の得点を1.5倍 理数コース(城南・山門・田川)、数理コミュニケーションコース(香住丘)、理数科(八幡・新宮・筑紫丘・明善・嘉穂・鞍手)、機械科、電気系、土木系(八幡工業)、機械工学科・工業進学コース・情報工学科・電気工学科・電子工学科・環境化学科・染織デザイン科・建築科・都市工学科(福岡工業)
◆調査書の評価における加重評価
保健体育の評点を1.5倍 体育コース(北九州・早良)、スポーツ科学コース(直方)、スポーツ健康コース(三井)
技術・家庭の評定点を1.5倍 農業経営科・食品科学科・生活情報科(朝倉農業)、工業化学科・情報技術科・電子機械化(香椎工業)、電気科・機械科(香椎工業・浮羽工業)、機械工学・工業進学コース・情報工学科・電気工学科・電子工学科・環境科学科・都市工学科(福岡工業)、建築科(福岡工業・浮羽工業)、生活デザイン科(折尾・筑豊)、産業技術科Ⅰ(遠賀)
★平成20年入試より。
美術の評定点を1.5倍 染織デザイン科(福岡工業)
数学と英語の評定点を1.5倍 ビジネス科学科(田川科学技術)
数学と技術・家庭の評定点を1.5倍 システム科学技術科(田川科学技術)
理科と技術・家庭の評定点を1.5倍 生命科学科(田川科学技術)
美術と技術・家庭の評定点を1.5倍 住環境システム科(大川樟風)



学校一覧
開設にあたって

私立高校トピックス
私立概要
私立制度
日程

| 広告掲載について | 運営会社 | プライバシーについて | サイトマップ | お問合せ |